慶良間・チービシエリアも沖縄のダイビングスポットとして有名

沖縄にはたくさんのダイビングスポットがあります。

青の洞窟をはじめとして知名度の高いところもありますし、穴場といえるところもあります。

沖縄は海に囲まれているため、どこに行ってもダイビングスポットとなるのですが、中でも、恩納エリア、北谷エリア、慶良間・チービシエリアなどにいいスポットが集結しています。

お勧めスポットはたくさんありますが、まず慶良間・チービシエリアから紹介します。

このエリアは渡嘉敷島、座間味、慶良間などの島々の慶良間諸島のダイビングを楽しめるエリアです。

年間を通じてたくさんのダイバー、観光客が沖縄の美しい海を堪能しにやってきます。

★Check・・・沖縄の海はいつから入れる?どうして綺麗なのか理由も紹介!

このエリアに行く際には、那覇から高速船などで行くことができるので、楽々現地に行くことができますし、宿泊してのんびり沖縄の海を堪能していく方もいます。

予算をなるべく低くしたいという方は、那覇のダイビング店などを利用して、ツアーに参加し、朝出発してダイビングボートからポイントでダイビングを楽しみ、夕方16時くらいに帰ってくるというツアーを利用してもいいでしょう。

若い人はこうしたツアーを利用して、沖縄の各地のダイビングスポットを回っています。

慶良間のダイビングスポットで美しい小魚たちがみられるアリガーは特にダイバーに人気で、ハードコーラルの群生も見られますし、砂地ではガーデンイールがひょこっと顔を出すのも見られます。

美しい海の風景を撮影したいという人にもピッタリのダイビングスポットです。